環境経営方針基本理念 = 資源循環型社会への貢献

当社は廃棄物の適正処理を通して、資源を循環活用する社会システムの構築に貢献するため、リサイクル施設の充実と研究、リサイクル技術の向上により、あらゆる廃棄物を安全に生かす努力と工夫で資源循環型社会へ貢献します。

行動指針

  1. 具体的に次の項目に、取り組みます。
    1. 収集運搬車の燃料消費に伴う二酸化炭素排出量を削減する。
    2. 電力の消費に伴う二酸化炭素排出量を削減する。
    3. 循環資源の再資源化量を拡大する。
    4. 水資源使用の節約に努める。
    5. 事務用品のグリーン購入を推進する。

    これらについて環境目標・活動計画を定め、定期的に見直しを行い、SDGsへの貢献を踏まえて、継続的な改善に努めます。

  2. 環境関連法規制や当社が約束したことを順守します。
  3. 環境方針及び環境活動を従業員へ周知し、環境活動の推進に取り組みます。
  4. エコアクション21を通して、SDGsに貢献します。

制定日:2012年12月1日
改訂日:2020年06月01日 改訂4
ティーエスエンバイロ株式会社
代表取締役 髙井 祐子

  • 安全な水とトイレを世界に
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう

エコアクション21活動と
SDGsとの関連性

その他の環境活動の
取組み内容

弊社ではエコアクション21活動とは別にして、地球温暖化問題の課題であるCO2削減をカーボンオフセットすることでも取り組んでいます。

カーボン・オフセットとは、事業活動や商品製造等によって排出してしまう温室効果ガス排出量のうちどうしても削減できない量の全部または一部を植林・森林保護・クリーンエネルギー事業などによって相殺し、二酸化炭素の排出を実質ゼロに近づける又はオフセット(埋め合わせ)することを言います。

弊社は事業活動により発生するCO2などの温室効果ガスをオフセットするため、モンゴルにあるグローバルの森への植林活動を2014年4月より参加しています。

  • 気候変動に具体的な対策を
  • 陸の豊かさも守ろう
  • モンゴルグローバルの森への植林